ロストワックス精密鋳造、MIM(メタルインジェクションモールド)、ダイカスト金属加工はお任せください。

株式会社マテリアルジャパン(千葉県千葉市緑区)
株式会社マテリアルジャパンへのお問い合せ TEL.0475-73-3434
お問い合せ

品質管理

材質のご紹介(代表例)

鉄系

種別 材質名 成分% 熱処理
°C
引張強さ
kgf/mm
伸び
%
硬度
ロックウェル
摘要
C Si Mn Ni Cr Mo
炭素鋼 S15C 0.10~0.20 <0.70 <1.00         Q900
Q780
T180
55 30 35B 浸炭焼入後の歪取りが容易である
S45C 0.40~0.50 <1.00 <1.00         A 66 30 87B 一般構造用
低合金鋼 SCM440 0.35~0.45 <1.00 <1.00   0.90~1.20 0.15~0.35   A
Q850、T500、
T700
60
135
90
25
6
17
90B
41C
26C
一般構造用
耐摩耗性
SCM415 0.10~0.20 <0.60 <1.00   0.90~1.20 0.15~0.30   A
Q880、T180
90 17 85B
26C
一般的な肌焼用
SNCM21 0.15~0.25 <0.70 <1.00 0.40~0.70 0.35~0.75 0.15~0.30   A
Q880、T180
90 17 85B
26C
同上
SNCM8 0.36~0.46 0.15~0.25 0.60~0.90 1.60~2.00 0.60~1.00 0.15~0.30   A
Q850、T600
    35C 歯車、軸類
ステンレス鋼 SCS2A
(SUS420J2)
0.25~0.40 <1.50 <1.00 <1.00 11.50~14.00 <0.50   A
Q950、
T200
>60
>15
20C
45C
強度と耐食性が良好
一般構造部品用
SCS13
(SUS304)
≦0.08 ≦2.00 ≦2.00 8.00~11.00 18.00~21.00     S1,100
急冷
>45 >30 80B 冷凍、一般化学、車軸
SCS14
(SUS316)
≦0.08 ≦2.00 ≦2.00 10.00~14.00 17.00~20.00 2.00~3.00   S1,100
急冷
>45 >28 80B SCS13に比べ、耐食性、耐酸性、高温強度が良好
SUS440C 0.95~1.20 <1.00 <1.00   16.00~18.00 <0.75   A
Q1,050、T180
    27C
60C
耐食工具
SCS24
(SUS17-4PH)
<0.07 <1.00 <1.00 3.00~5.00 15.50~17.50     H900S
1,020-1,060
H475-525
>126 <6 >40C 機械的強度あり
耐食性、鋳造性良好
耐熱鋼 SCH13 0.20~0.50 <2.00 <2.00 11.00~14.00 24.00~28.00       >50 >10   耐スケール材
工具鋼 SKD11 1.40~1.60 <0.40 <0.50   11.00~13.00 0.80~1.20 V
0.20~0.50
        抜き型、プレス型
ダクタイル FCD45 3.55~3.85 2.40~2.90 0.30~0.60           >45 >10    

アルミ系

種別 材質名 成分% 熱処理
°C
引張強さ
kgf/mm
伸び% 硬度 摘要
AI Cu Si Mg Zn  
アルミ合金 AC4C 残部 <0.20 6.50~7.50 0.20~0.40       T6 >23 >3    

銅合金

種別 材質名 成分% 熱処理
°C
引張試験 硬さ試験 引張試験
Cu Sn P 引張強さN/mm 伸び
%
プリネル硬さ
HB
0.2%耐力
N/mm
銅合金 PBC2 87.0~91.0 9.0~12.0 0.05~0.20   195以上 5以上 60以上(10/1,000) 120以上

設計の手引き

【1】大きさ、重量の制限

区分 望ましい範囲 出来る限度
重量 5kg以下 10g~40kg
寸法 150x150x250 500×500×500

上記の表は目安としてお考えください。
詳細な情報につきましては、お問い合わせください。

【2】最小肉厚

区分 一般 条件のよい時
鉄系合金 2.0mm 0.5mm
非鉄合金 2.0mm 0.5mm

表面積、形状により異なります。上記の表は目安としてお考えください。
詳細な情報につきましては、お問い合わせください。

【3】溝、ねじの設計

【4】孔の設計

【5】角度の設計

種別 一般公差 修正可能なとき
α ±30'  
β ±2° ±30'
γ ±2° ±1°

【6】文字の鋳出し

検査

測定が困難な部分であるため、通常であれば三次元測定機等を用いて測定しますが、数十個、数百個と数がある場合、機能ゲージによる検査が有効です。

寸法精度

【1】長さ

寸法範囲(mm) 一般公差(mm) 特別公差(mm)
0~25 ±0.25 ±0.13
25~50 ±0.40 ±0.25
50~75 ±0.50 ±0.35
75~100 ±0.70 0.50
100以上 ±1% ±0.5%

一般公差は試作なしで初回からできる公差です。特別公差は試作結果によって金型を修正することによってできる公差です。

【2】平面度及び真直度

長さ(mm) 一般公差(mm) 特別公差(mm)
25未満 0.2 0.1
25~50 0.4 0.15
50~100 0.6 0.25
100~150 0.8 0.40

一般公差は鋳造時の歪を含む公差です。特別公差はそれを修正した場合の公差です。

機械的性質

SCM440の焼戻性能曲線

圧延材と比較して、引張り強さはほぼ同じですが、伸び・絞りはロストワックスがやや低目です。 しかし圧延方向に対して直角な方向との比較では、ロストワックスがはるかに優れています。ロストワックスは方向性がないので、製品の形状によってはむしろ有利であります。

材質SCM440(熱処理状態850℃焼入650℃焼戻)

特性 圧延方向 直角方向 ロストワックス
引張り強さ 103.4 101.8 102.8
伸び 19.7 8.2 15
絞り 57.5 12.0 38

PAGETOP